家を建てる場合の主導権

私は数年前に一戸建ての住宅を建てました。家族は夫と二人の子供、そして夫の両親です。家のローンは夫と夫の父とで半分ずつ支払っています。私が家を建てる際に痛感したのは、関わる大人が多いほど家の外観や間取りの希望がまとまらず収集がつかなくなるということです。我が家の場合は親夫婦と息子夫婦のどちらもが同じだけお金を払う条件だったため、双方ともそれなりに意見を主張しました。その結果、それぞれがどうしてもこだわる場所ごとに好みを譲ったり譲られたりしないかぎり設計がまったく進まなくなってしまいました。そうして全体的にまったくまとなりのない家が完成しました。色も素材も場所によってあまりにもちぐはぐなのです。家事動線もとても非効率です。好みの家を建てるためには絶対的な主導権が必要です。同居であれば全額支払うとか、敷地を共有するけれど別棟で家を建てるなどしないと主導権はもてず大人の人数分だけ主張がぶつかります。逆にお金も家事も負担しないのであれば、家を建てる場合の主導権を渡す覚悟をもたなければならないと思いました。