介護に適した住宅というのは

最終的に介護をするとしても最初から介護に適したバリアフリーの住宅にする、ということは実はそんなにお勧めできることではないのです。何故かといいますとバリアフリーとは健常者から見ますと無駄になってしまうスペースとか機能が多いからです。ですから、基本的には後から拡張することができるのであればそれがベストであるといっても過言ではないのです。しかし、それには余計に費用がかかってしまうということになりますが、それでも基本的にはお勧めできるやり方になります。バリアフリー住宅というのは何かと注目されていますが、住みやすいのか、といえば微妙な所でもありますから、その点は注意しておきましょう。言うまでもありませんが、そのための費用は覚悟しておきましょう。後で改築するにしても最終的にバリアフリーにしないといけない、ということはよくあるのです。計画的に行う事が重要ではありますがなんだかんだでやはり費用が求められます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク